M4Rについて


Meal for Refugees(以下 M4R)は、2013年2月に設立された学生団体です。

難民とつくったレシピ本「海を渡った故郷の味 Flavours Without Borders」をもとに、

大学食堂に新しい・珍しい・おいしいメニューを増やすことを通じて

難民を「知る」「支える」をコンセプトに活動をしています。

現在では、大学食堂に限らず、社食、レストランなどさまざまな場所で展開しています。

 

※レシピ本「海を渡った故郷の味 Flavours Without Borders」とは?

日本にも様々な迫害から逃れてきた難民が暮らしていることを、もっと多くの方に知っていただきたいという思いから生まれたレシピ本。収録されているレシピは、すべて、日本にいる難民の方から教えていただいたもの。アジア、中東、アフリカの15の国・地域出身の方々とともに、45のレシピを集め、2013年2月に難民支援協会が出版しました。